必要な分だけ代行サービスを利用する

法律相談

仕事内容に含まれる法律相談

弁護士の業務は、法定での弁護と関連書類の作成、そして法律相談の3つに大別されます。この法律相談を利用すると、日ごろの生活の中で起こりがちなトラブル、たとえば離婚や交通事故、お金の貸し借りや請求などについて相談し、解決を依頼するすることができます。 ただ、弁護士に相談する場合は、別途相談料が、30分に就き5400円かかります。できれば無料で相談したい、そのような場合には、各都道府県の弁護士会の無料相談か、法テラスの無料相談を利用するのがお勧めです。法テラスの場合は、その人の悩みに合った弁護士を紹介してもらうこともできます。また、特に借金や相続の問題などでは、司法書士を利用すると、相談料がかからないこともあります。

相談の細分化と費用の支払

また最近では、相談料を受け取らない弁護士事務所もあります。これですと、相談料や時間のことを気にすることなく、気軽に相談が出来るようになりますので、メリットも大きくなります。それ以外にも、たとえば医療関係の法律相談や、外国人のための法律相談など、相談内容が細分化しているのも最近の傾向です。 その他にも、たとえば債務整理を依頼したいけど、お金がないので一括で着手金や報酬を払えない場合のために、分割での入金が可能であったり、また、相手によっては着手金を受け取らないなど、かなり柔軟に対応してくれる事務所も増えています。また、法テラスの場合も民事法律扶助といって、お金がないけど弁護士に依頼したい人のために、一時的に費用を立て替える制度が設けられています。